離婚カウンセラーになるには

現在日本では年間離婚件数が20万件代で推移しており、破局を迎える夫婦が増加傾向にあります。その背景には様々な事情や理由が複雑に絡み合って存在しており、個々のケースを見ても単純な理由付けで片付く問題ではありません。

一方で、これから離婚を考えている夫婦に親身になって相談に乗る専門のカウンセラーは非常に少なく、圧倒的に不足しているのが現実です。

今後、一層の離婚カウンセラーの育成が急がれます。

離婚カウンセラーの情報を要約した情報サイトです。

では離婚カウンセラーになるにはどんな能力が要求されるのでしょうか。

まず第一に離婚に関する法的な専門知識が求められます。



もちろん、カウンセラーは弁護士のように法律相談に乗ることはできません。

しかし離婚相談を受けたとき法的な知識がないと適切なアドバイスもできなくなります。そのため離婚カウンセラーになるにはまず、親権や財産分与、慰謝料などに関する民法の勉強が必要になります。

離婚カウンセラーが弁護士と違う点は、精神的なショックや動揺に対して誠実に対応できる点にあるでしょう。

弁護士は離婚に関する法的な手続きや財産・親権に関する問題を解決してくれますが、これから離婚する人の不安や落ち込みといった精神的なケアは行いません。
離婚カウンセラーの最大の役目は親身になって相談者の話をきいて、精神的に安定した状態で離婚手続きを進めていけるよう支えることです。

適切なコミュニケーションをとり、冷静な判断でアドバイスをし、最終的に離婚が成立するまで相談者に寄り添う能力が必要とされます。

NAVERまとめ関しての情報探しを行うならネットが便利です。